2015年06月23日

暴力とその退散法の分析資料

ツイッターに以前から掲載していた資料を少しずつまとめていきます

※各画像はクリックした先の画面で更にもう一回クリックすると元の大きさに拡大表示されます

・隔世遺伝のメカニズム:虐めが深い時代の快楽婚の仕組み
image.jpg
虐めが深い時代、女はその女が好きな男性を虐めた男と子をもうけ、「好きな男性」「女」「子供」の三者で「嫌い人間が共通」という図式を作り、子供に夫を憎ませる事で暴力の解決を図る。各街ごとにタイプ別の暴力に恨みの深いトップ女性がいて、自分と同じ種類の恨みを持つ女性を増やす為に街ごとに似た種類の暴力者を集める

・東京近郊の虐め(暴力)の発祥地マップ
image.jpg

・方向別に偏る「情報の分布法則図」
image.jpg

・虐待を解決する調布保谷間道路分析
image.jpg

・年間2周の「優勢になる暴力と退散法」の種類の法則と80年で形成される虐め(努力や理屈の否定行為)の周期性
image.jpg

・虐め・暴力・犯罪発祥地の推測(1)〜全体的なルート分析〜
image.jpg

・歴史は様々な周期の価値観の歯車の組み合わせででき、80年ごとに同じではないが似た事が起きる周期性が存在する
image.jpg

・【参考】大学の成績証明書
学業成績表.jpg

・諸仏の表現する価値観と街の対応図
image.jpg
各諸仏はその土地の暴力と退け方に対応する。下井草→上井草→下石神井→上石神井→下保谷→上保谷と地名の上流に位置する旧上保谷村は方向別に偏る暴力法則の世界中心点になる。方向別に偏る暴力法則はどこの場所でも成立するので空海先生の時代に諸仏の配置でそれを解読しようという試みは充分可能だったろう。空海先生は中国でその配列のヒントを体験したと思われる。(優れた創作は現実の何かのたとえ話に自然となり、宗教に使われる荒唐無稽な物語も暴力の退け方のたとえ話になっている。ただし悪人からもお布施を徴収する性質上、暴力の退け方は「たとえ話」の形でしか表現されない)
posted by cnk at 14:16 | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。