2015年06月27日

創作に隠喩される暴力退散法の分析

たくさんの人に愛好される創作は、登場人物が自然と現実の人物が隠喩されたキャラになり、現実的な暴力退散法が隠喩される

ただし創作は、その時代の暴力者にも売れて、暴力者が許容出来る内容になる為、「殴られている顔の人が殴る人の顔として描写される」等、善人が悪人と誤認される内容も多く含まれ、創作に隠喩された現実的な暴力退散法には分析が必要になる

日本の戦後アニメのヒット作には、実際には第二次世界大戦中の実話を「戦前の日本に善行があったと表現してはいけない制約」の中で、「未来の話やファンタジーの話なら大丈夫」と隠喩で表現したものが多く存在すると思われる



・トランプに象徴される暴力を退散させる人物像
<<原稿準備中>>
努力家の木こり(林業土木従事者)や、それと同種の筋肉を持つ努力家は、足場の悪い所で仕事ができる身のこなしが「道化師」「悪魔」「人殺しをやる人間」等に誤認される

努力家に攻撃されると誤認して、暴力で対決しようと考えた堕落者達は暴力の寸止めが出来なくなり、ちょっとした隣人との意志の疎通の不具合から、隣人に暴力を振るってしまい、壮絶な仲間割れが始まる




・桃太郎
<<原稿準備中>>
「性欲に溺れる堕落者(猿)」「役目を果たさなくなった警察(犬)」「逃げる速度の速さで善人を愚弄する堕落者(キジ)」に桃太郎は、家庭料理の吉備団子を料理用に持ち歩いている刀で作って振る舞いながら「強い口調の理屈(叱り・説教)」を言う

三種類の堕落者は自分が不快と感じた者を完全悪ととらえるが、桃太郎の説教を不快と思うものの、吉備団子を否定できず、桃太郎を発狂者・暴力者扱いして罵りながら、堕落者だけで集まっていく

「桃太郎の説教」や「桃太郎から攻撃されるというありもしない妄想への備え」によって防御力のあがった三種類の堕落者は、防御力が低く攻撃力が高い自分と同種の堕落者から「不気味な自信がある」ように見えて追跡され、自信の秘密を知りたい人物から悪事を試される

桃太郎と接点のあった三種類の堕落者は桃太郎を背にして自分より防御力の低い堕落者を倒す行動をとるので、桃太郎がまるで三種類の堕落者の指導者かのようだ

支配欲の高い悪人(鬼)に桃太郎が対決姿勢を見せると、寸止めができる桃太郎に対して、鬼に従っていた三種類の堕落者は寸止めができず、つい勇み足で鬼に攻撃してしまい、暴力の相打ちが起きる





・浦島太郎
<<原稿準備中>>
金で性欲を満たす浦島太朗は、たくさんの女性からもてなしを受けるが、それは浦島太朗を憎む子供を欲しがる女性の行動で、女性から好かれていた訳ではなかったと理解した浦島太朗は若い風貌を失い一気に老化する

(「生きる意欲」と「その達成感」に対し免疫力を高める神経伝達物質のドーパミンが出なくなったと思われる。ドーパミンは勤勉な努力の成果に対しても出るが、性行為の達成感に対しても出る)




・西遊記・ドラえもん
<<原稿準備中>>
孤独な状況に陥っても三つの街の考え方を脳内で対話させれば、各街の暴力の退散法と自分の行動を連携できる。

「友達でない人間を友達と言う嘘をつかされる池袋型」(スネ夫・沙悟浄)

「悪人が自分を正義と思い込み人を励ましたがる新宿型」(のび太・孫悟空)

「汚い食べ物で長寿証明の渋谷型」(ジャイアン・猪八戒)

※日本でも中国でも同じ種類の街は存在する



・銀河鉄道の夜
<<原稿準備中>>
東北地方等からの性産業利用目的の人身売買の隠喩。男装女性に恋愛対象を求めた女性どうしのカップルが、生存競争の中、片方の命を奪って故郷に戻る。「見た事を喋るな」「児童向け創作に出てくる言葉なら喋っていい」と言われた女性が、実際に見た事を児童向け作品に出てきそうな言葉で隠喩していくと「銀河鉄道の夜」の様な物語になる

宮沢賢治の作品は死後に発表されるが、あの文学群を宮沢賢治は暗記して喋ったと思われる

宮沢賢治作品の言語体系は東北人身売買女性が持つ隠喩の言語体系で、あの物語を宮沢賢治は喋りながら「現実には何の隠喩か」註釈を加えたと思われる


・銀河鉄道999
<<原稿準備中>>




・鋼の錬金術師
<<原稿準備中>>
社会への支配力が高く子供への虐待が激しい父親に対し、父親を悪く言えない兄弟二人が、父親に華を持たせる行為を重ねていたら、父親が勝手に自滅する話。父親の二面性が別人のふたりの人物として描写される

兄はIQが高く喋りのかったつな軟禁暴力被害タイプ、弟は監禁暴力を受けている知的障害者タイプ。兄の旅の思い出の語りに情景を空想した暴力者は幻覚を見やすくなり、弟は監禁されている現場から影響を出し外で活動できる知的障害者に自分のやりたい行動を代行させる

知的障害者は学歴のある人間を虐める父親の元で長期間生きながらえる環境適応の形にすぎず、父親の死など虐待の終了とともに脳に録画してあった学問を使える事がある




・機動戦士ガンダム
<<原稿準備中>>
スカートをはいた造形のジオン軍のモビルスーツが様々な女性像の隠喩になっていて、「父親を憎む息子」を多数作らされる殺傷力の高い軍人アムロ(機動戦士ガンダム)、戦争中に「この戦争は間違っている」と言ってしまいキチガイ扱いされるカミーユ(機動戦士Zガンダム)、肉体労働の仕事にプライドがあり戦地から帰還できるジュドー(機動戦士ガンダムZZ)が3種類の象徴的な軍人像として描かれる




・仮面ライダー
<<原稿準備中>>
第二次大戦中の伝令兵がモデルになっている事が「仮面ライダーを作った男たち」という漫画作品で描写されている

国民が知ったらパニックになる情報を知りながら国民が安心する情報を言わなければいけない仕事が多い池袋で守秘事項を持たされた人物が、池袋の内情を知らずに池袋を楽しむ人達を退けながら、池袋の合法貸金業の仕事の末端を請け負う石神井公園へ手紙を届ける姿が元になっていると思われる。第二次大戦の時はバイクだが、その前は馬だったと思われる

仮面ライダー4号のライダーマンの口の部分が仮面から露出しているのは、他のライダーが無言で素早く移動するのに対し、移動中に様々な職人としての仕事で使う言葉の予習・復習がつぶやけるタイプと思われる。尾行暴力が栄え、つぶやきながら移動速度を遅くして暴力者を前に出す新宿南部から、池袋に流れたタイプと思われる




・ノアの箱舟
http://cnk.seesaa.net/article/421388857.html
虐めを受けた努力家がある時、仕事の現場を離れると、仕事の現場を担当せざるを得なくなった堕落者の仕事の失敗を契機に、堕落者間で仲間割れが始まる





・バベルの塔
<<原稿準備中>>
虐め(努力や理屈の否定行為)が栄える時代、堕落者は高層建築と通勤文化を推奨し、文化の共通化を図ろうとするが、街ごとに潜伏犯罪者が許可する言葉の範囲が違い、街ごとに別々の暴力退散法が再生すると、堕落者は移動先で疎外感を感じるようになる




※旧約聖書に出てくる寓話「ノアの箱舟」「バベルの塔」「ソドムとゴモラ」等は旧約聖書を編纂したユダヤ民族が、エジプトからイスラエル方向に脱出する際の、エジプトで体験した史実が元になってると思われる。バベルの塔はエジプトのピラミッドの事だろう(僕はオカルトではなく考古学としてエジプトの文明に関する学問を大学で学んでいる)

別の時代の話のように描写されているが、実際は、しょっちゅう繰り返して起きる同時代の話の隠喩と思われる

似た構造の出来事は、世界中のどこにでもあり、それが聖書が愛好される理由だろう

しょっちゅう繰り返して起きる事象の隠喩された創作だが、旧約聖書があまりに改訂余地がないため、新たな創作が作られたり、実際に起きた事の直接的な表現が可能な道具の開発に意欲が燃やされただろう

暴力はしょっちゅう再生して、しょっちゅう消滅しているが、「肉体技能が高い努力者が仕事に急ぐ行動」が「暴力者が集まる空間の面積を小さくして仲間割れを起こす」事によって暴力が消えるので、「暴力者に直接、語る説教」を中心にする肉体労働技能を持つコンサルタイプが直接喋る様にして文章を残すツールが出来るまで、やった人間がやった事を文章にして残す事は難しい。警官は潜伏犯罪者によって悪用された状態から正義の回復を狙うので、事が済むと、暴力解決者達は、警察に「仕事ですから」と言い訳できた言葉以外を喋れないようになっている
posted by cnk at 15:00 | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。