2015年06月27日

創作分析による暴力退散法「ノアの箱舟」

主旨「虐めを受けた努力家がある時、仕事の現場を離れると、仕事の現場を担当せざるを得なくなった堕落者の仕事の失敗を契機に、堕落者間で仲間割れが始まる」

・虐め(努力や理屈の否定行為)に参加する人間は、努力家が実行している努力を不要とする生活習慣から努力家が仕事で手に入れた独創性のある理屈が理解不能になり「話を聞く必要がない」「気が狂ってる」という主旨の言葉を浴びせる

・努力家達は「社会の仕組みの観察」から、虐め参加者達が努力家達の努力に依存している事が判るが、虐め参加者達の「出来るだけ労力の少ない仕事態度でお金を手に入れる事がいい事だ」という主張に社会が賛同せざるを得ない情勢に、努力家として金銭を得る事が困難になる

・努力家達は情勢が悪くなりながら、自分の思い入れのある仕事現場を離れても努力が継続出来る方法を模索する

・努力家であるノアは「気が狂っている」と言われた事を利用して山の上に船を建造し、「子孫を繁殖させる実験だ」と言いながら、いざという時の食糧とするつがいの動物達を積み込む(殺生を嫌うノアは菜食だが、世の肉食は学問的考察の意味で興味がある)

・虐めが深い時代の恋人・夫婦は、子供世代に父を憎ませる為に女が「一番嫌いな男」を選ぶが、ノアの様子を探りたい盗聴タイプの女性がノアの建造した箱舟に自由に出入りできる状況を作る。ノアは過去の女性体験からそれを察するが箱船の中で、独り言で叱り(強い口調で言う理屈)等の練習をして「聞きたければ勝手に聞け」とやる

・女性は自分の息子の仕事の教育が出来る男を「心の夫」と捉え、多数の男に試練を浴びせる。箱舟でノアの言葉を盗み聞く女性もまたノアを「心の夫」と考えた幾多の女性のひとりである

・孤独な状況でノアは野生動物の観測をする。特に鳥に今まで出会った女性達との共通点を見いだし、今まで他人を叱ったら離脱が遅れて暴力を受けてしまった反省から、「すれちがう人の顔を一瞬だけ見て状況分析して相手から目をそらして叱りの練習をし、それを聞き耳させながら」、ここ一番の直接対話場面では相手が得するノウハウをたくさん言って箱舟に戻ってくるノウハウを鍛えていく

・ノアが仕事の現場から消えてしまった世間では、ノアなしで仕事をせざるを得ず、今まで努力をしてこなかった堕落者が仕事の失敗を契機に仲間割れをしていく

・孤独な状況でノアは、社会観測から「強制された嘘や沈黙を利用して虐めをやる人間の体力を落とす人々の存在」に気づき、その行動と連携力を高めていく

・ノアは箱舟に積んだつがいの動物の挙動の変動と社会のつがいの男女の挙動の変動に、連動がある事に気づく

・ノアは当初、殺生を嫌い菜食で乗り切ろうとするが、「食べる肉が人肉まで到着し動物が食べれなくなった悪人」の前で動物を食らって罪を思い出させるなどの方法で、社会での動物の殺生数を減らそうと考え、箱舟に積んだつがいの動物の仲違いを確認して焼き、人前で食らう

・各街で範囲は違うが、各街ごとに店舗・警察・役所の人間は「潜伏犯罪者が聞いていて許せる言葉」を喋る

・特定商品を組織的に消費して価格を上昇させる街の行動を誤解して「みんなで同じ物を消費して楽しむ場所に加わらない努力家の発言を封じる暴力(東京では池袋型)」が衰え、「相手の話を聞いて褒めたり、謝ったりしながら親切を装い詐欺にかける暴力(東京では新宿型)」が犯罪の世界でトップになると、誰からも会話を許されなかったノアの話も聞かれる様になり、ノアの社会への帰還も始まる

※ノアは一個人ではなく、上記の流れと類似性のある行動ができる努力家達の総称と思われる

※上記の流れに類似点のある行動をとる人物は80年に1回程度、世界中で大量に発生すると思われるが、今回は2014年度に「大切にしてきた仕事を堕落者に明け渡す行動をとった努力者」が世界同時多発で大量にいたと思われる
---
創作に隠喩される暴力退散法の分析〜目次〜
http://cnk.seesaa.net/article/421390679.html
posted by cnk at 14:10 | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

暴力とその退散法の分析資料

ツイッターに以前から掲載していた資料を少しずつまとめていきます

※各画像はクリックした先の画面で更にもう一回クリックすると元の大きさに拡大表示されます

・隔世遺伝のメカニズム:虐めが深い時代の快楽婚の仕組み
image.jpg
虐めが深い時代、女はその女が好きな男性を虐めた男と子をもうけ、「好きな男性」「女」「子供」の三者で「嫌い人間が共通」という図式を作り、子供に夫を憎ませる事で暴力の解決を図る。各街ごとにタイプ別の暴力に恨みの深いトップ女性がいて、自分と同じ種類の恨みを持つ女性を増やす為に街ごとに似た種類の暴力者を集める

・東京近郊の虐め(暴力)の発祥地マップ
image.jpg

・方向別に偏る「情報の分布法則図」
image.jpg

・虐待を解決する調布保谷間道路分析
image.jpg

・年間2周の「優勢になる暴力と退散法」の種類の法則と80年で形成される虐め(努力や理屈の否定行為)の周期性
image.jpg

・虐め・暴力・犯罪発祥地の推測(1)〜全体的なルート分析〜
image.jpg

・歴史は様々な周期の価値観の歯車の組み合わせででき、80年ごとに同じではないが似た事が起きる周期性が存在する
image.jpg

・【参考】大学の成績証明書
学業成績表.jpg

・諸仏の表現する価値観と街の対応図
image.jpg
各諸仏はその土地の暴力と退け方に対応する。下井草→上井草→下石神井→上石神井→下保谷→上保谷と地名の上流に位置する旧上保谷村は方向別に偏る暴力法則の世界中心点になる。方向別に偏る暴力法則はどこの場所でも成立するので空海先生の時代に諸仏の配置でそれを解読しようという試みは充分可能だったろう。空海先生は中国でその配列のヒントを体験したと思われる。(優れた創作は現実の何かのたとえ話に自然となり、宗教に使われる荒唐無稽な物語も暴力の退け方のたとえ話になっている。ただし悪人からもお布施を徴収する性質上、暴力の退け方は「たとえ話」の形でしか表現されない)
posted by cnk at 14:16 | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

岡田登がその家族に振るわれた暴力

岡田登がその家族に振るわれた暴力
(採った対応策は別記)

【事実】岡田登(1972年4月6日生まれ)は幼少期、戸籍の祖父に預けられ戸籍の父は蒸発していた
岡田登は5才の時から、昼は戸籍の祖父の家、夜は戸籍の父の家で過ごし、8歳の時、旧保谷市に転居し、戸籍の父、母、妹の4人で暮らしはじめた

【事実】岡田登は8歳の時から理由が説明されない体罰等の虐待を戸籍の父から受け続けた

【事実】2014年3月 学習塾の塾長である父に暗算の問題を出題され解答した所、首を絞められ、当時苦しんでいた、筋ジストロフィの様な症状が悪化した

【事実】2014年1月 幼少期の育ての父(戸籍の祖父)の弟の葬式への参加を戸籍の父が許さず線香をあげる事を要望したら、突き飛ばされ頭を階段の角に打ち、手をつかまれ扉等に2〜3度、頭をぶつけられ筋肉ジストロフィの様な症状を発症した。警察を呼んだが病院に行くのを阻害された

【以後加筆予定】
posted by cnk at 16:09 | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。