2015年02月20日

条件反射を利用して女性が虐待者を事故・自殺へいざなうジェスチャーアタック

「なんでも他人と同じがいい」と考え、個性を認めない虐待者に対し、暴力解決者が「こうときたらこう」のジェスチャーを仕込み、条件反射を利用して虐待者の事故や自殺を作る。虐待者の自殺や事故の現場には女または女の幻覚があることが多いと思われる。

以下のジェスチャーは当初、偶然出すが、同じパターンを繰り返すと相手を触らずに事故・自殺を作るのが自分の使命だと感じる様になる

東伏見(池袋連動)

・足元への煙草投げ捨てジェスチャー。右手中指と親指で輪を作り虐待者の足元に向かって弾き、人差し指で地面を指差す

女性の股間を舐める幼児化した男や、男装しての女性同士のベッドプレイを「倒したい男の模擬練習」と判らず真実の愛と錯覚した女に対し「最初から嫌いだったと判れ。猥談など嫌な事を言われて『早く終われ』と耐えていただけだ」の意味で煙草を投げつける。股間舐め発祥地の東伏見では鼠花火を投げつけ地面に着地した瞬間に爆発させる。それをやられた暴力者は、そのジェスチャーを見ると頭が真っ白になる。

ジェスチャーの由来は女の股間舐め地区ではデート理由が「自殺したくなることを男が言った。家の息子はそれを憎むから優秀なはずだ」で、よく暴力男が口に(場合によっては数人がかりで)致死量まで排泄物を入れられて死ぬので母子家庭が多く、家の男の子の父親と思いたい男性を一家で父親と考えるが、その存在がよく肉体労働現場の親方で親方が地面に指を指して指導していたのを「憧れの人のポーズの真似なら練習していたぞ」の意味で出す。股間を舐めた経験のある男でも、複数の男に囲まれて襲われるなど女性的苦難を積み、仕事の現場で男の顧客をピッチャー役にして、話をよく聞くキャッチャー役ができると改心が出来たとみなされる事が多い。

東伏見(としまえん連動)

・シンバルを鳴らす様に斜め下から斜め上に手刀を左右、チョップする

「股間舐めの時間だ。寝ろ。顔の上に乗ってやる」「なんなら柵のないビルの屋上で寝たりガードレールの上で座って後ろに転がれ」の意味。2015年1月時点でガードレールの上で座った状態のポーズのマネキンが池袋のニコニコ本社のあるパルコの地下一階のアパレルショップにあった

東伏見(池袋連動)

・段差に足をかける

期限丁度の事故や死亡率の高い肉体労働現場への出発に向けビルの階段を登る足の挙動を仕込む

西武柳沢(北新宿連動)

・右下から左上に右手手刀を振る

女性をロープで縛りたがるナイフ暴力者に対し、フリスビー投げの練習で条件反射を作り、男性どおしの顔面の斬り合いを作る。この地区の女性は男性に尽くしたかった気持ちを本心にする為にお金がどうしてやってくるかの意味を考えず、一万円札を一万円札ラベルの猫缶のキャットフードのように捉えるが、例えば毎月15万円貰っていたのが7万円になると捨てられそうな不安に襲われて耐えられない。必ず毎月一定金額を男に要求するので犯罪者が最初に高額を設定してしまうと、改心して真面目な仕事に就くのが難しく強盗や脅迫に走りやすい

・暴力者の足の甲を踏む

女性をロープで縛りたがるナイフ暴力者に対し、足の甲を踏むと反射的にジャンプしてしまい、ホーム真ん中からでも線路に落ちたり工作機械に四肢を挟んで切断に至る


清瀬

・蚊を叩くように手をパンと叩く

ハードル走やサッカー好きで女性の痛がる姿に配慮がなく「もっと奥まで」とつけあがらされた暴力者が柵のあるビルの屋上をハードル走の様にジャンプする

東久留米

・立った状態で右手を太鼓のバチを持ったように回し左足のモモをリズムにあわせてあげおろす

輪姦から風俗に行かせる暴力に対し、身体を太鼓のように扱われた恨みを込めてひばりヶ丘方向の階上の密室へ暴力者を運ぶ

ひばりヶ丘

・会話の最中の「パン」というスタートダッシュの銃声を想起せる音の部分を大きく言ったり、銃で撃たれたように頭を横に吹っ飛ぶように動かす

地下での暴力に対し、ひばりヶ丘ではプロの建築設計者がオーダーをしっかり聞くうちに個別の建築物ごとに相談したわけでもないのに勝手に2階が水平線で1階が地下の造形になり、上の方の階まで上がっても空が目線より上になるような地下室造形が追ってくる。パンという音に暴力者が何度も壁に突進して地下輪姦の恨みがはらされる。ボトっと床に落ちた後は、製薬会社から貰ってきた新薬を飲まされたりして身体で稼がされ主従関係が逆転する。

床に落ちる際は良くビルからや線路への飛び降り自殺の幻覚を見る。(身体がバラバラになる所で痛み止めの脳内麻薬を使いきり、むき出しになった神経を高速微細どうで地面にこするトンデモ激痛の中、「他人の問題など関係ない」と言った虐めの報いで体感時間が伸び周囲が止まって見える。急に生きる意欲が湧きポケットの硬貨を取り出して救急車を呼ぼうとするが、ますます神経が直接、高速に地面をこするだけで永久に取り出せない。気を失って色々な生き物の人生と無惨な死に方を体験して元の自殺場面の時間に戻る)


所沢

・靴を脱ぎ、蒸れた足の臭いを嗅がせる

23区に比べ寒冷で、街に強い匂いがない所沢では、暴力者が女性の蒸れた足の匂いに惹かれる。暴力解決者の男性は山に迷い込んだ認知症老人探索に向いている為、雨の中での肉体労働を好み同様の癖があるが、その男性に「臭い」とか「乞食」と言うと秋津で崖や人生の崖的な場面で必ずアクセルを踏むように(例えばスポーツジムのサイクルマシーンで)仕込まれる

東村山

・傘で床をコンコン叩く

監禁暴力者に対し、音で進路をつけ「介護という名の激痛監禁返し」に持ち込む

田無

・足のかかとで床をこするように蹴る。連続させてタップダンスのステップを踏む

沈黙を強制する虐めの田無では出せる音が極端に少なく、足音や固いものを食べる音に暴力解決者の出す音が制約される。イマラチオ暴力の人間に対し、かかとで音を出すと良く首を絞められるが、それを締め技外しで回避すると、徐々に足の音で風呂場等に追い込み、出ようとすると死体を想起させる顔を見せ、暴力者の動きを停止させて閉じ込められる様になる。

朝霞

・他人のアイデアを横取る暴力者の首をあごの線に沿って撫でる

「お前に首から上はいらない」の意味。林業土木に発生する首に自転車のスポークを刺したいチェンソー暴力者と仕事場で同室にさせられたり、朝霞の暴力解決者はネットを使いこなして衝撃的な情報を送り込んだり設計図やプロジェクトの計画書を書くポジションから決して姿を見せずに手を打ってくるがそれを見ると首を撫でられた線に沿って自転車のスポークが刺さったような痛みが走る。その後は首撫でのジェスチャーを遠くからやるだけで首に激痛が走る

武蔵境

・アンダースローで下手投げする

ボーリングで仕込む事が多いが女性が下手投げのジェスチャーをすると暴力者が左右の手をワンツーパンチする様に仕込み、友達を殴らせる


渋谷

・握りこぶしを垂直におろして机の上を叩いたり、リズミカルに拳の第一関節で固いものを叩き鳴らす

大きな倉庫的な場所でのリンチ暴力が発達する渋谷を含む井の頭通り〜東京湾では、暴力者が回避法として友達同士で殴り真似をして喧嘩の演技をするが、女性同士が猛烈な殴り合いをして男をビビらせる。上記のジェスチャーで女性の無惨な姿を想起させる。「お腹すいて立てない」の意味のセクシーポーズでしか食事をねだる事を許されなかった女性は、尻の穴を舐めさせる男に「出た物は何でも食べなさい」と教育され、その餓死しやすい言葉の許可範囲や画一的な顔を要求される風習から、どの女性が上位に立つかが重要になる。

暴力解決者の男性は、土下座から額をゴンと床に打ち付けユラっと起き上がる顔に凄みを出すが、上記のジェスチャーの変形で両拳を強く胸の前で叩き合わせる。そのジェスチャーの意味は骨密度をあげると同時に「どこでも殴れよ。殴られた場所で殴り返すぞ。手の骨が砕けてもしらねえぞ」の意味。


武蔵関(南新宿連動)

・両拳を拳闘のように構え、互い違いにクルクル回す。「いーとーまきまきいーとーまきまきひいてひいてとんとんとん」のジェスチャー

南新宿では女性が説得不能な暴力男性とつきあうが、「やれるもんならやってみな」と煽る時に使用され、使用後、高速離脱し、別の女性の方に向かわせる。歌舞伎町は旧コマ劇場付近を境に北新宿は配達寿司タイプの割烹職人系、南新宿は喋り家タイプの紡績職人系が暴力解決者になる。殺人者に自分より凄い殺人技があるかのようなジェスチャーと誤認させて一目おかせながら実際は職人の動きの延長の防犯体術で殺人者を撃退する。南新宿タイプは高田馬場等の宴会で「いよ!憎いよこの女殺しが。理想の奥さん手に入れて、一晩中ひいひい言わせたか。大事な奥さんだ、写真は肌身離さず持って歩けよ」と犯罪者がドキッとする事を言ってピクッと動いた所を周囲に確認させて、警戒をうながす。速く歩く北新宿タイプがゆっくり歩く南新宿タイプに後ろからぶつかると南新宿タイプが「馬鹿野郎!どこ見て歩いてんだ」と言い返すのが歌舞伎町の防犯確認小芝居で、それに無言だと一発手を出したら止められない人間とみなされて無言同士で友達にさせられる。


ーーー
以上のジャスチャーは女性技だが、同じ文化圏で虐めを受け、虐めと戦ってきた男性は、女性が無言や嘘を言いながらそのジェスチャーを出すのに対し、「〜っていう意味だよ」と内容の解説を加えながら等、自分が攻撃されるリスクを負う形であれば男でも使用する事が可能になる


※上記の地名はあくまで発祥地で、今回は交通と情報の発達で暴力が遠くまで移動してるので、解決現場も移動する

※2014年度まで虐待に耐え「強制された嘘」を言っていた女性はジェスチャーで本音を語っていたと推定される。普段、公共の交通機関や外食施設等で見る事の出来るジェスチャーから読める対人関係は判断材料にしたが実際の事故・自殺作りの実行現場を見てる訳ではなく、大学で専攻している犯罪心理学(社会病理学)による推測。どうやって推測精度をあげたかは目次の注釈参照

※ジェスチャーに本音を込める作法が女性の気持ちを表していたと言えるのは2014年6月までで、その後は虐待者へのトラウマ想起の側面が強い。これは2014年度まで普段の言葉にあまりに「強制された嘘」が多い池袋価値観の恨みに正当性があったからで2015年度は「尽くしたかった気持ちは本心だったのに何故裏切った?」という新宿価値観の恨みに正当性が移動するから。恨みの正当性は5年ごとに池袋→新宿→渋谷と8方向を移動していく。吉祥寺では暴力者が嘘泣きや嘘お辞儀などジェスチャーに嘘を入れるため、暴力を倒す際、「お辞儀に頭突きしたいの意味」を込めるなどひとつのジェスチャーに複数の意味を持たせ「肉声で喋らない限り信用しない」とやる。吉祥寺では嘘でも信用するが嘘をついた人間から徹底的に未来の可能性を奪う。吉祥寺の虐めだおしが始まると、池袋作法人はジェスチャー語りが無効になるので目的地に高速移動し徹底的な仕事のスピードアップで仕事から出る音と光と身体の動きで仕事の遅い人間や暴力者を邪魔者扱いして追いやり脱落させていく。

ーーー
追記

ーーー
東伏見北側(池袋東武側連動)

・ハロウインのかぼちゃ人形の様に笑う

この地区では暴力者を前後を省略した短い褒め言葉でつけあがらせて事故に運ぶが、褒め言葉を言う時の顔がだんだん嘲笑とはっきり判る顔になっていく。

池袋東武側は池袋西武側の娯楽を楽しみに来た人間を肉体労働に雇う側の街で肉体労働から逃げられなくする為に借金させる手法を使うので、池袋の娯楽産業は貸金業者を頂点にした構造になるが、肉体労働の経験のない人間が貸金業界で権力を持つと虐めが発達しやすい。

池袋の西武側の女性の理想男性が現役の各業界のガテン労働の指導職であるのに対し、池袋東武側はガテン労働の現場の卒業生で、肉体労働者を雇う側の上級職になる。その人物が悔しくても悔しくても虐待者を褒めながら事故に運んだ時の嘲笑の意味の笑顔をお気に入りの表情にしている。

笑顔の角度に微妙な差があり、首を傾けずに笑うと「お前のこの先を空想したら笑える。絶対逃がさないぞ」、首を少し横に傾けると「おっとターゲットはお前ではなかった。お前は俺の後ろ方向に行け。俺が経験した修羅場で修行を積めるから」の意味になる。

朝霞では女性の理想の男性は引退後の各業界のガテン労働経験者になる。若い頃の不遇を労い、社会情勢について意見を聞いて、その意見の実現を叶えるために、現役世代の有望者が良くない道を行きそうになる時の釘を刺す役目を担い、有望者の進む道を制御していく。その女性は手紙で筋の通った指導を与えると同時に有望者の技量を試す。朝霞女性は引退後の各業界のガテン労働経験者に黒幕と気付かせず、自由に喋らせ、黒幕が実現を知って「今の若い者は、俺と同じ事を考えるね」と言うと「おじいちゃんは先見の銘があり過ぎたんですよ」と言って、かいがいしく尽くす。

前後省略表現の例
「気をつけてね!(私の恨みに/俺の恨みに)」
「力持ち!(おじいちゃん。それ持って立ってて。乗せられたその姿を見て、みんなで笑いながら食べるから)」
「ごめんと言ったら負けだ!(ごめんが言えたら特攻隊に入れないだろ)」
「ごめんと言ったら負けだ!(ごめんが言えたら生きなきゃいけない理由が増えて免疫細胞が出るから癌が治るだろ)」
「(家の外で)ごめんと言ったら負けだ!(家の中でごめんと言ってれば勝ちだ。謝れない奴が社会を仕切っている間は家の中で謝りながら戦い方を考えてから外出しろ。「その時が来たら言おう」と思っていても練習していないととっさの時に舌も声帯も動かず沈黙してしまったり、変な事を口走る事がある。いつか言いたいことは声を出して練習しておけ)」
posted by cnk at 17:15 | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

相手に暴力を振るわず虐めや暴力を倒す方法 Part2

いじめ封じ込め八手(半年で時計と逆周りに1回転)

1)朝霞・下保谷・旧保谷市中町価値観:虐待者のアイデンティティ崩し「ジェスチャーで虐めをやった人間に最初から嫌われていると判らせろ」「児童期や子宮内にいた頃に気持ちを戻せば嘘がつけないか下手な嘘をつくはずだ」「恨みの顔に青白い光やオレンジ色の光を当てて釘が刺さるような痛覚や焼ける様な熱さを体感させたり特定の場所に歩かせろ」(2014年秋分に決着打)

2)入間・所沢価値観:囲み返し「街ごとの歩き方を工夫して自分を囲んだ相手をひとりで囲み返し虐めに屈してない健全さをアピールしろ」「服装や肩書きに関係なく高い職業能力を見せつけ虐待者に自分の無力さを認識させろ。虐待者に制服や仕事の情景が見えて幻覚地獄に落ちる事も多いはずだ」(2014年10月15日頃に決着打)

3)拝島・西武立川価値観:監禁返し「仕事もできない癖に肩書きで威張る人間に仕事の現場を渡せ。仕事の道具を使い間違えて道具に嫌な思い出が出来ると道具と主従関係が逆転し、道具が道具を使いこなせかった人だけの場所に虐待者を集めだし、道具を単なる鈍器として殺傷用に変えて相討ちを始めたり、着ている服が身体を痛めながら悪人を意志と違う方向に歩かせるはずだ」「法律が無効な場所では鳥や虫など身近な野生動物を仲間にしろ。監禁者は人間に対する防御を固めるが虫害・鳥害に弱いはずだ。虐待者と一緒に災厄に身を投じ自分だけ生き残れ」(2014年立冬に決着打)

4)橋本・国分寺・武蔵小金井価値観:衝動煽り「人間的にせよ動物的にせよ本能的になれば結果がはっきりして結論が先延ばしにならないはずだ。中身はなんでもいいから焦げ臭い本能的になる生活に使う気体を考えて流そう」「口の中の食べ物の組み合わせと糞尿の組み合わせの匂いで性欲が湧いた時と絶頂の時の香りを再現して衝動を煽ろう」(2014年11月29日頃に決着打)

5)町田・調布・三鷹価値観:理性への回帰「理性を追い求めればどんな仕事であっても農夫のように働く事が最良だと認識し飢饉を耐え抜くような強い精神が養われる筈だ」「理性を保つには他人に暴力を与えずに自分に痛みを与える癖をつけよう。木を殴ったり左右の拳の当て合わせで間に合わなかったら自分に刃物を向けても仕方ない」「中絶暴力は無限の可能性を持つ赤子に刃物を入れている。自分の命をいつどのように止めるか考えるべきだ。罪滅ぼしの内容によっては長命になる」(2014年冬至に決着打)

6)東京湾、六本木〜井の頭通り価値観:指導力の発揮「進んでリスクのある物を口に入れ、全員同時に下痢系・内臓系・神経系等の病気になり自分への医学の実行で生き残び、得たノウハウを指導力に変えてやる」「苦悶の表情を多数派として流行させてやる。苦悶の表情が出来ない悪人は仲間外れ感の中で自分自身への痛撃により自分への償いの決着つけるべきだ。自殺を決意しても仕方がない」「医学的知識の配布でたくさんの人間の心身の苦しみを救える部下思いの上司の資質を教えてやる」「すすんで謝るが、頭をあげた時の怖い表情でびびらしてやる。詫びの時におでこを床にゴンと打ち付けて鈍い音を出してやろうか?洗脳には快楽を使うだろ。自分に苦痛を与えられる人間に洗脳は効かないぞ」(2015年1月12日頃に決着打)

7)錦糸町、両国、大手町、歌舞伎町価値観:改心の意欲のある人間への癒し「虐められた側にも殴られた場所で攻撃し返す、虐めた人間の相討ちを作るなど喧嘩に強い人間はいる。本当の意味で強い喧嘩のやり方を教えるぞ」「苦しんでいる悪人にも、悪人が後悔の念を示せたら心身が楽になる方法を伝授しよう。悪人に過去の自分のままでは生きていてはいけないと自覚させ、悪人に悪人が虐めた相手の模倣を始めさせるぞ」(2015年立春に決着打)

8)赤羽、池袋、石神井公園価値観:「改心の意思がなかった人間と改心の意思はあるが時期尚早の人間を特定期日に同じ場所に入れて閉じ込め、改心の充分な人間と住む世界を切り離せ」「切り離しに当たって過去の体験を思い出す痛みをありったけ与えろ」(2015年2月28日頃に決着打)

これ以降は起きていることの意味が判らなかった人間が突然の殴打・殺傷意欲を止められなくなりやすい。解決まで約5年と推測。各1年毎に内容を変えて歌舞伎町価値観の「もてなし力」「職業能力で培った殺人者を上まわる身体技能」で対応すれば対処出来る。突然の殴打・殺傷意欲発生は大手町〜錦糸町間が中心と推測しているが、遠くの方でその価値観が実れば半径が伸ばせる、と、道路や交通機関に乗って遠くの方でもその価値観に感化された人が行動を起こしそうだ。

近年の日本は飢餓の国で苦しむ人から食料を奪っても無関心でいる文化を育てたから反動が凄いはずだ。言葉や社会システムを悪用した虐めの終結は食料の輸入力の激減を意味すると推測している。戦争の本質は「食料が足りない時に、食料と人口を一致させる間引き行為」で、今回の日本の間引きはインドでよく起きる「性欲の発散を普段からオープンにし、住宅内で性行為の動きを速く強くし、性行為中に舐めていた場所を噛みちぎる等の、家庭内間引き」とユダヤ民族がエジプトでノウハウを築いた「王にふさわしくない素行なのに贅沢をしたがる人間は夏は涼しく冬は暖かい執務室に入れそのまま一代限りの墓にする方法の日本住宅での再現」の組み合わせと推測される。この種の間引きはいつ始まったかよく判らないまま始まり、いつ終結したかも判りにくい。だいぶ前から杉並区で中がどうなっているかよくわからない空き家が問題になっていたが、現在、集計できるだけで日本の空き家は820万戸、そして、この手の集計は氷山の一角を示すに過ぎない。預金から電気代が引き落ちていると中で人が死んでいる空き家の集計は非常に困難だろう。東京でも鉄道の本数はだいぶ減っている路線があるけど、いつもと街の景色があまり変わらないのは「家の中が怖くなって出てきている現象」だと思われる。細かく観察するとジェスチャーから推測される衝動や人間関係が日々大きく変わっているのが観測できる。日本の清潔は公害を海外に移動した上での清潔なので、他国が公害で出た空気の流れ先を日本にするなど相応のしっぺ返しはあると予測している。

ーーー
街の支配者の構造

虐めは細かくその内容ごとに発祥地がある。(性行為中に必要な言葉を無言にしてしまう花小金井、アイデア横取りの下保谷など)。それに対し日々の仕事の努力を諦めない人の恨みのこもった手足の動きが連結して街の造形を作り上げていく。(例えば、ひばりヶ丘の南口では、地下室のような所で輪姦された恨みが、2階が水平線、1階が地下室の造形を作り、息苦しくなった暴力者が上に上がろうとしても地下室のような部屋が上の方の階まで追いかけいつまでも空が見えない構造になる)。遠方の地からの恨みや自然環境からの恨みも反映され、恨みの実行日に成就が揺るぎないものになる。

支配者は「真面目な努力が作る恨みの行動の総体」で実体がない。生物学用語で言う所の真社会性(生き物達がダンスのように連動していく仕組み)が活用される。過去に暴力者の自殺を偶然、作った努力者がまだやったことのない努力者とリスクのある人物を同伴させるなど入れ子構造で恨みを実行し、虐めが深く恨みが正当で努力の真面目な人間ほど安全な場所で暴力者に災厄をもたらす因果関係を作る人物になり本人は災厄の体験とそこからの脱出方法の作成経験はあっても災厄の中で罪滅ぼしをする人生にはならない。

ーーー
ジェスチャー伝導の仕組み

〈後日記述予定〉

真の善人に悪人とのコミュニケーション能力は不可欠。悪人に「殴られた所で攻撃する方法」「自分を殴った奴を相討ち現場に運ぶ方法」「普段から木を殴ったり左右の拳を叩きあわせて骨密度をあげたりして怪我をしない身体を作る方法」等を伝授して無罪に近づけるのは大事だ。真の善人は悪人の得も考える

ーーー
女性が体得している暴力男や男女の愛を信じない女への事故・自殺作りジェスチャー

性的虐待の深い男女が瞬間的に出してしまった挙動に相手が条件反射を出して自滅する。

〈後日記述予定〉

ーーー
快楽婚の仕組み

image.jpg
↑クリック後の画面でもう一回クリックで拡大

隔世遺伝の仕組み。白(善人)の息子の黒(悪人)は白(善人)を虐め、黒(悪人)は白(善人)の息子を持つ法則。

虐めが栄える時代、女性は「一番嫌いな男」から「楽しい、気持ちいいと言わされた設定」で子をもうけ、自分が好きだった努力男に似た子供を持つ事を狙い、努力家を増やそうとする。女性が暴力父に強要された言葉から暴力父と似た暴力性質の男を探し「お父さんに似ているから選んだ」という言葉で自惚れさせて結婚する。

家庭内教育が充実している時代は「善人の息子は悪人だけど教育力で大した悪人にならない」を繰り返す。

女性の脳の構造は自分と育成対象の息子設定の男性とその教育者の職人・親方タイプの男性以外は「みんな死んじゃえ」式に自分が体験した不幸を自分以外全員に与え立場の上昇を図るアイデアを次々産む「不幸・試練の因果関係作成計算機」の様な構造で、他人に快楽を与えることはあっても幸福を作るアイデアを思いつかない。(「思いついた気分」の事はある)。女性に幸福をもたらす事を誓い、夢や計画を語り、努力を重ねるのは男の役割だが、「試験に受かったら一生安泰」「入り口さえ入れば出口はいらない」の様な受験の先生の洗脳が深い時代の女性は画一的な情報を一応の幸せ基準として「不幸・試練作成計算機」を回すがその種の洗脳は農地が消えていくので、その社会で努力の結果いい食事を食べている男性の「努力を諦めない計画」の肉声から「不幸・試練の因果関係作成計算機」を回す。

女性は股間に「ここだけは幾ら殴られてもいいの臓器=膣」を携えているので被害立場から暴力者を騙し、虐めに抵抗する性質を持ちやすい。女性は暴力男から見たくない物を見る事を強要される都合上、女性と呼べる女性は感覚器を嗅覚、聴覚、視覚の順番に使い、嗅覚で職人・親方タイプの男性の体臭と食べている物の匂いを補足、聴覚で位置を固定、視覚で「この世から消し去りたいもの。命日を作りたいもの」を凝視し、好ましい男性は家以外で見たくないと考える。男性は女性を「自分の命日決定権者。不幸な命日が来ないよう努力する相手」と考えて結婚するべき。住宅の中に好ましい男性がいない場合は好ましい男性が現れる場所(無料のベンチ、公共の食事現場等→形式化するとバーカウンター)を家庭にしたいと考え、その場所から好ましくない男性(未来の作り方を語らず努力もしない男)を排除しようとする。嗅覚では相手の感情を細かく匂い(フェロモン)の変動で図り、好ましい男性は3秒程度見て脳裏に焼き付けたら自分の仕事(未来を作れない人間の抹消)に没頭しようとする。女性と呼べる女性は「不幸・試練を作ることで、それを乗り越える人間を育成し未来を作る生き物」で、虐めに参加はするが虐めの肯定者ではない

女性にとっては他の女性も抹消対象で、自分が虐待に耐えた時の笑顔や仕草を食事等の現場で見せ、それを楽しんだ他の女性を突き落としたり、いい男と巡り会えず「不幸・試練作成計算機」がうまく回っていない女性を容赦なく突き落とす。

女性の言語体系は屋外及び虐待者(猥談等、嫌だから黙ったのにそれを肯定と受け取る人物)の前では「言わされた言葉」(「虐待者に言わされた言葉」または「いい職業コーチに言わされた言葉」)で固め、「虐待者に言わされた言葉」は分野別にある日同時の停止を狙う。本心は家の中でしか言わないが後から翻せる発言を狙う。虐待者に本心を言えば虐待者の横で虐待者の活動力を弱める行動が難しくなるからだが、幼児期に父親から好かれる言葉を本心あるいは無意識と別に覚える必要があり、責任は父親にある。女性社会では自分勝手に「虐待者に言わされた言葉」を崩すことは女性社会からの転落を意味し、根比べ状態になるが、虐待者が戦争に行くなど自滅を作ると上位の女性ほど食料危機の時、間引き対象にならないと考える。不幸を負うほど「自分と同じ不幸を体験しろ。自分は生き残れるがお前には無理だろ」と他人を不幸に落とす力が増すので、構造が判った女性は進んで不幸を負いに行く。同じ種別の不幸でも虐めの加害者ほど深々と大きなダメージになって自分の身体に還り存命率が下がる。(虐めと戦う男性も自己犠牲精神で自分から暴力に当たって周囲を護ろうとし、女性と同じ様に自分に無礼を働いた人間への「不幸・試練の因果関係作成計算機」が無意識に使えるようになるが男性の場合、他人の不幸を考えず一人でも助けようとしない限り、その「不幸・試練の因果関係作成計算機」は働かない)

女性の「不幸・試練の因果関係作成計算機」は、今まで単に自分が体験してクリアした不幸をコピーして人に渡すことで他人の不幸を作ってきたが(武蔵関や歌舞伎町や吉祥寺の女性は男を本気で信じ、ポイ捨てされる過程で不幸を作るので、どんな不幸を作ったか無自覚である事が多いが、そこの女性をむげにした男はお互いが殺し合いになるような戦場に向かう)、今後は職人タイプの男と再び接点を持つ事で職業能力を高め、男性的に仕事の技能を伸ばし、伸ばせない女性と差を広げることで不幸を作るだろう。

ーーー
いじめ行為の発祥地分類と解決法

〈後日記述予定〉


ーーー
image.jpg
↑クリック後の画面でもう一度クリックすると最大サイズに拡大

冒頭の8種類の虐め封じは仏教の八天が表現する価値観に沿って考察した。空海先生が立体曼荼羅に表した六天に、刀を持った戦闘神で日本に伝承する前の造形の大黒天を釘大黒天、日本で産まれた男性器を抽象化して米俵に乗っている農耕神の大黒天を鍬大黒として加え、八天として考察した。先に図を作ってから八天の価値観が栄えてるであろう土地に行って考察を深めたが、予測に的中した映像や街の様子を見聞することができた。

image.jpg
↑クリック後の画面でもう一度クリックすると最大サイズに拡大

情報が方向別に偏る法則図。人間の身体のデザインにも反映する。悪人は自分に恨みを持った人の気持ちが知りたくてその人の映像を本棚やらスマホやらパソコンの画面などそこらじゅうに描いて対話することで反省するので逃げ場がない
posted by cnk at 19:01 | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相手のいる場所に行かずに恨みをはらす方法

image.jpg

1.相手が事故に逢う仕込みとして礼儀をつくしておく

2.相手が戻った場所でいじめられっこに転じるように、事実や事実と信じられる予測を叱りや教訓に混ぜて殴られながらでも言っておく(虐待により発言に制限が加えられている場合は相手の愚かな部分を褒めて愚かを増すことで相手が事故に逢うのを狙う)

3.1.と2.を組み合わせて日々行動しているとそれができる人の総力が結集され愚かの種類別に同じ地域に同じ種類の図に乗った愚かな人間が集まる。その場所には愚かな人が自分を肯定する為のいじめられっこが屈辱に耐えながら悪いことをせずに仕事をがんばっているが、ギリギリまでそこで耐え、やむを得ない事情で離脱すると、残った図に乗った人間でお互いの愚かを見せ合う相打ちが始まる

4.人間は自分を恨んでいる人の気持ちを知りたいという深層心理から、反省が足りない場合、身の回りの物を自分を恨んでいる人間の形に並べ替えて対話し(どこでも並べ替えるが文字が書いてある分、本棚やパソコン・スマホの画面が分析しやすい)、自分を恨んでいる人間に迷惑のかからない場所で反省したり死のうとするのを利用する


1.相手が事故に逢う仕込みとして礼儀をつくしておく

相手をソファに座らせると図に乗った人はお風呂から立ち上がりにくいような体質が身につき大事な時に立てなくなる、水を出して断ると火事の時に水がいらない行動をとる、お辞儀をして図に乗るとお辞儀と反対側に向かって歩きたくなる、など礼儀作法を尽くした態度で相手に接しておくと相手が図に乗った場合、相手が事故に逢う生活習慣を身につけさせることができる

2.相手が戻った場所でいじめられっこに転じるように、事実や事実と信じられる予測を叱りや教訓に混ぜて殴られながらでも言っておく(虐待により発言に制限が加えられている場合は相手の愚かな部分を褒めて愚かを増すことで相手が事故に逢うのを狙う)

相手は元いた場所に戻ると一人だけノリが悪くていじめられっこに転じるがその代わり、事故回避率が上がる。自分と同じ考えの人間を増やすことで暴力が当たらなくなっていく。

「濡れたから好きの証拠?痛いセックスほど良く濡れるに決まってるだろ。あれ、痛み止めの潤滑液なんだから。保健体育の教科書に女性のオーガズムは性行為の後だって載ってるだろ。性行為の最中や後に語る女性への感謝と労い、将来の計画、仕事の計画、子供の育て方が大事なんだよ」

「言葉潰し口塞ぎ拷問のフェラ虐待を受けると命乞いの言葉が『楽しい、嬉しい、気持ちいい、あんあん、きゃんきゃん』になる。本音を言うなの拷問をやって本音が聞けるわけないだろ。楽しいって言った?言わせたの間違いだろ。特に児童への性的虐待は言語習得期から『痛い痛い死ぬ。お前を殺す。この暴行早く終われ』の気持ちなのに、にっこり笑って快適だと言わせることを強要し、言葉に本音がゼロの精神構造と行動と言語体系を作ってしまう上に、成長してからもそれに便乗して性的快楽を貪る男を吸着し続けるから絶対悪だ。あまりに言葉が潰されると、喘ぎ声のあんあんが『痛いけどまあ我慢できる』きゃんきゃんが『我慢できるわけないだろ殺す』の意味になったりする」

「虐待の複雑な所は虐待を倒す力が身につく直前まで、自分に洗脳をかけて虐待の記憶を喪失したり、虐待をいいことだと感じる事が多い所だ。その場合も過去を分析すると身体の動きや礼儀作法の実行で虐待と戦っている。虐待を受けた子供は探検ごっこを好み、虐待を受けたのと同じポーズを取れる場所を探し、その場所で楽しそうに振る舞うことで友達にヒントを残す。大人になっても虐待が解消しないと、写真や映像に撮られる趣味や仕事を持ったり、店舗に立ったりしながら虐待を受けた時のポーズを楽しそうに実行してヒントを発信し続ける。女性どうしの食事の楽しそうな様子は虐待を耐える様子の見せ合いの側面が強く、虐待を受けていないためにそれを楽しんだ女性を突き落として、自分と同じ能力を身につけさせようとする」

「女は言葉を潰されるから同じ言葉に意味複数、同じ表情に意味複数になるだろ。素敵に『お前は敵そのものだ』の意味ができたり、昔の『このご馳走おいしい』の笑顔が出せなくなりそうになると笑顔の出し方を考え続けて最後は『お前の死体見たら笑える』の意味の笑顔が昔と全く同じ笑顔だったりする」

「デートを正しく日本語に翻訳すると『農業の仕事暦に沿った連れ添いへの作業日程』だけど末世は『殺したい男の見張りの作業日程』になる。デートの意味が自然と『この男の顔を憶えろ。憶えたらみんなでやってよしだ』になる。やってよしの中身は文化によって違うけど、共通なのは『この男と浮気して財力と欲を削ってくれ。性的不能になったら痛いセックスから解放されて仕返しを開始できるから』という目的だ。ただし考えてなくて深層心理の行動の場合もある」

「女性は3歳で虐待を受けるのに適切な姿になって7歳から父親に好かれる言葉を喋る。そうしたら父親と似た暴力の男と付き合えて父親の隠し事がわかったり対策が練れる。言いたいことへの口塞ぎ拷問のフェラ虐待が流行するような時代には、女は倒したい男と子をもうけ、好きな男を仕事に向かわせ、仕事内容を見て子供に真似させようとする。女性が好きな男の条件は単純明快で『快楽より仕事優先男』だよ。嫌いな男と結婚しなければ、嫌いな男の財力と欲を削って弱体化できないだろ。子供を快楽より仕事優先男に育て、好きな種類の男の多数派化を狙うんだよ」

「男が嫌いな会社からお金を貰う就職をするから、女は嫌いな男から金を貰う就職をしてもおあいこだという行動をとる。女は男が仕事を好きになった分しか男を好きにならないし、男の命日を狙った期日通りに与える方に知能が伸びる。命日決定権者を得て、『仕事や生活でおかしな事をやったら殺せ。そうならないように仕事を頑張る』が結婚の意味」

「虐待者の笑顔見せろ強要がすごいと女性は敵意がない男性をどうやって見るか知ってるか?あの人と私は関係ないという場所に立って横顔で見るんだよ。時期にもよるけど。僕もまるでエジプトの壁画みたいな横顔の図を現実でたくさん見ることになってあの壁画が描かれた時も女性の正面の顔、特に笑顔が殺意だったと推測できる(エジプト考古学は大学時代に文化人類学で履修)」

「男性が一番、警戒するべきは横の友達だと思っていた男だよ。友達の最低条件の相手が事故にあわない事を願う『相手の欠点の指摘』が抜けたからお互い事故にあわせまくりだろう。いじめの言葉の期限切れがきたら加減がわからず殺し合いになりかねない。毎回、イジメの言葉の期限切れが戦争開始の合図だけど、今回は『よく見ると食べ物を粗末にした自分達は幸せだ情報』を崩さず、外国から食料を買いにくいと思われる銀行で打ち出の小槌を振るうように発行したお金の社会で、輸入と生産とプラスαで食料の実質自給率100%を護る密室決着型の戦争だと予測している。前回の戦争は学校で銃の撃ち方を練習したけど、今回は暴力衝動の教科書はテレビゲームとアダルトビデオで、格闘ゲームで相手の命のゲージをゼロにするまで戦うような取っ組み合いが言葉の有効期限が切れると行動が動物化して発生すると思われる。東北の水田が震災で塩をかぶった事例がわかりやすいけど、輸入の場面で食べ物が買うのに順番待ちさせられたという様な事例が引き金になりそうだ。互いの淫部を口に含むアダルトビデオが理性が消失した時に人肉食いに発展する映像に見えて仕方ない。食料危機の場合、人肉食いが幸せだとか必要だという考え方もあるだろうけど、未来に残すべき考え方ではない」

「虐待された人間の一番罪のない復讐は言葉の力でいじめられっ子を増産していくことだよ。自分に暴力が当たらなくなっていく上に、理屈の通った社会に戻っていく。イジメは理屈を曲げることで成立する。肩書きは理屈を通してきた人間に与えられる称号であるべきなのに、試験に受かっただけで努力もしない人間が肩書きを頼った暴力を振るい始めたら理屈が曲がって行く。その場合は肩書きより現場で産まれた理屈が優位の時代が人々に待望されることになる」

3.1.と2.を組み合わせて日々行動しているとそれができる人の総力が結集され愚かの種類別に同じ地域に同じ種類の図に乗った愚かな人間が集まる。その場所には愚かな人が自分を肯定する為のいじめられっこが屈辱に耐えながら悪いことをせずに仕事をがんばっているが、ギリギリまでそこで耐え、やむを得ない事情で離脱すると、残った図に乗った人間でお互いの愚かを見せ合う相打ちが始まる

4.人間は自分を恨んでいる人の気持ちを知りたいという深層心理から、反省が足りない場合、身の回りの物を自分を恨んでいる人間の形に並べ替えて対話し(どこでも並べ替えるが文字が書いてある分、本棚やパソコン・スマホの画面が分析しやすい)、自分を恨んでいる人間に迷惑のかからない場所で反省したり死のうとするのを利用する

縦3横3の9ブロックに分割すると左の上から2段目が右手、3段目が右足、中央上段が頭にあたり、その人形と深層心理で対話することで反省が足りない人は自分を恨んでいる人に迷惑のかからない場所で事故にあって反省したり死ねばいいと考えて行動する。

人形はその人の知り合いの形に並べるが人格としては23種類の内のどれかに属する。人生経験を積んで叱り方や癒し方や励まし方を23の人格ともマスターした場合、反省の足りない人の前にいつでも出現しているのと同じになる。

反省が足りなかった人でも様々な人に出会い反省が足りると自分を支援する知り合いに23の人格がおりかわる。

縦3横3の9ブロックはそれぞれに情報の偏りの法則があり、それを理解すると、例えばコンビニの本棚からその店で一番虐待を耐えて仕事をがんばっている人の気持ちが分析できるようになる。出現した人格から見て、左上が「私が掴みたい未来」、右上が「あなたにつかんで欲しい未来」、左が「わかって欲しい理屈」、左下が「悪人を蹴り殺す方法」、右が「子供以外かかってはいけない甘やかし」、右下が「かしづいて尊重するもの」、上が「理念」、中央が「コンセプト」、下が「未来に残したいもの」になる

※2.は殴られながら道理を諭す福音=エヴァンゲリオン(アニメのじゃないよ)=(平和的な鎖国時代に発達した)江戸弁=(オチがつかない話にオチをつける)落語のことでキリスト教のプロテスタント派や仏教の禅宗、解読に非常にトラップが多い法華経を根本経典とする法華宗(日蓮宗)の法華経解読者で発展する。狩猟時代、西洋では長距離投てきの武器のみで黙ってやるので使える人が稀だが、日本ではマンモスを狩る時にみんなで喋ってコミュニケーションを取るので使える人や聞いたら真似できる人が多く、落語という形で大衆芸能化する。プロテスタント派は祖先が羊を追うので言葉による工夫が発展する。不言実行を良しとし貴族階級から成金を追い出す価値観を重視するカトリック(日本では京都の公家作法)では福音は文字や絵で書いてクイズ的に表現したり、夜道に光を灯して子供に安全を作って実行する

※4.は金剛曼荼羅の仕組みと立体曼荼羅(+2の諸仏)の仕組みの組み合わせの解読・分析結果。科学的根拠のおおもとの根源は地球の自転で、西から東に偏西風にのって天気が移動するので風にあらがって西に進んだ人は力強い説得者(明王)、風にのって東に進んだ人は人を癒しながら癒しを貪りすぎた人に因果関係の組み合わせで事故を与える人(菩薩)になる。仏像は「価値観」を擬人化してキャラクター化したものだと思うと分かりやすい
posted by cnk at 18:47 | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。