2014年10月17日

コンサル資料2(仏教等のサイエンスを用いた解説編)

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

以後、追加予定あり
posted by cnk at 16:03 | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

ボットまとめ2

僕の発言は「事故にあわないでくださいね」の意味だけど、時として凄く耳に痛いよ。でも貴方の横の貴方を殺したいと思っている人を貴方に好意を持っている人と誤認したら大事故に繋がりかねない。嫌われる事を覚悟で改善点を指摘するのは友達の最低条件

なぜ、男友だち同士の会話の言葉が相手の不幸を願う言葉に結果的になるかというと、嫌われることを恐れるあまり相手の短所を指摘しなかったからだ。相手の事故の回避、健康、成功、幸せ等を願う時、短所の指摘は避けて通れない。友達の最低条件だよ

女性は喋れているようでいて喋れてない。レイプが普通の時代、父親や相手の男性が好む許可範囲の言葉しか喋れない。女性どうし楽しそうに会話するのは「男に要求された楽しそうな姿の発表会」の側面が強い。女性から見出せる真実は対応してる男性の性質

女性の言葉は禁止語に入っている言葉が男から受けた暴力を語る。父に好かれた言葉を喋れば、父と同種の暴力の男が吸着でき、父の隠し事が判ったり父の暴力の倒し方を研究できる。ただし、同じコミュニティの女性は暴力を受けてなくても同じ言葉を喋る

バブルからのレイプ(気持ちを確かめずに及ぶ性交)に苦しみフェラチオ等で喋れなくなってしまった女性の共通作戦。とにかく男性の欲を肯定して近づき財力を削る。男性の行動にあわせ、男性に自殺行為や事故に向う行為を意識的または無意識に積ませる

これから起きる事。借金等でバブルからの男性の女性へのレイプ意欲(気持ちを確かめずに性交に及びたい欲)が落ちると女性の口からレイプ肯定の言葉が消える→男性の口から娯楽消費を推奨する失敗作り語が消える→失敗した理由の判る叱り語が欲しくなる

日本は女性の口からレイプ肯定以外の言葉を消すフェラ拷問を普通と20年以上も言い切れた凄い国だよ。海外メディアが日本人女性の礼儀正しさを褒めるなら真似てみたらいい。奴隷立場の人間が気持ちを確かめない人間にどう報復するか体験できるから

バブルから20年以上、喋っていい言葉を減らすレイプ拷問に耐えた女性の苦労は想像を絶するよね。喋れるボキャブラリーを確認すると驚愕するほど少ない事がある。無理に喋らせないと嬉しいみたい。レイプを耐え凌ぐ言葉を言わなくて済むのは喜ばなきゃ

どんな証拠隠滅した密室暴力だってジェスチャーは外に持ち歩く。手に持つグッズをナイフなど色々な物に置き換えて連想すれば、隠れてやっていることの空想はつく。裁判に有効な証拠になる訳ではないけど、自分に暴力が当たらないよう、対策は出来るよ

暴力を受ける際、「これを子供が食らったら大変だ。自分は大人だから死なないけど子供だったら死ぬ」と考える。暴力に暴力で仕返したら、子供が、より強い暴力をもったら親が救えると考えて際限がなくなる。暴力中に作法で運命を仕込めばいい

社会問題の根本原因は「嫌いな会社からお金を貰って金づるにする」行為。これに合わせ女性は「嫌いな男からお金を貰って金づるにする」という「おあいこ作戦」に出る。本能的に。会社を好きになる努力をしなければ女は男を好きになる努力をしない

女性の股間の液体は男の舌から破壊して喋れなくする内臓破壊液だよ。男が女性から言葉を奪い嬉しいの表情を強制するフェラ拷問をやった時に限られた許可範囲からできる復讐が女性の股間の液体の男性への投入だよ。69とか毒量対決で女性が生き残る作戦

2014年度に起きることは色々あるけど個人の認識が不可能になる現象が多発する。バブルからの相手の気持ちを確認する前の性交(レイプ)をもって愛情と誤認する文化が終点に到着するからだ。女性の言葉のほとんどがレイプ肯定語だったけど消えていく

女性は自分の気持ちを確認されない性交(レイプ)を受けるたびに言葉を失う。言葉を消失した女性に無理に喋らせれば殺意を具体的に表現されたりする。濡れた?レイプ中に濡れなかったら血みどろに怪我するでしょ?粘膜護る為の潤滑液になに言ってんの?

バブルから2014年度までのデートを正確に日本語に翻訳したら「嫌いな男の見張りの作業日程」だよ。好きな男(性交より仕事優先男)をいじめるレイプ男の欲を満たして好きな男を仕事に向かわせ、息子を好きな男に似せる文化だったんだよ。

バブル以降、レイプや犯罪への命乞いの系統の言葉(おねだりの言葉含む)だけ許された女性は、わずかばかりの育児語と仕事語を温存させて、日本人男性の財布をカラにすれば果てしないレイプが終わるという戦いを挑み続けただろう

男が作る法律や社会より上位の女知能による女計画は存在すると思う。ただしお互いに話し合っているわけではなくて暦(農業の作業日程)等を元に自分で気づいたり無意識に参加する。虐待された男性は参加しやすい。同じ日々に憧れると参加しにくい

バブル以降のデートの正確な翻訳は「嫌いな男の見張りの作業日程」だけど、2013年夏至から2014年夏至は「種馬設定の男の種抜きと借金つけ」、2014年4月から「男が試すいいことを失敗させる」が全体流れだと思われる

好きと言われたわけでもないのに、女性から言葉を奪うアダルト拷問ビデオを参考に相手の気持ちを確認せず性交に及ぶレイプ男の人生の能力決定は2014年3月で、「成長」が能力に組み込まれていない場合、試験を受け続けるとかが吉になりそう

西東京市は各街が各歓楽街の風俗行為を無料でやれの文化が発展していて、お金貰ってもキツイ行為を男への制裁のためなら我慢できる女性が集まり、男性にも酷い虐待が存在する。ここが最初に虐待された人の作法の因果関係が男法律に勝りそう

虐待が深いと相手が「銃を撃ちたい」という気持ちの段階の微妙な筋肉の動き等で身体が痛くなって銃がよけられる。情報は連結しているから後ろからの殺意も読み取れる。入れ墨で短期間に習得できる事も。西東京市に銃よけできる人が集まりそう

2014年度に相手の気持ちを確かめない性交ができる人が社会の上位に行ける時代が終わり、2015年度から残虐な場面を作れる人ほど上位時代が来そう。西東京市で虐待された人による虐待した人の作法倒しが成功して、時計回りに普及して行くと予測

女の運命決定法則。脳内は自由だけど頼った男の性癖を満たして少しでも暴力を吸収する。例えば渋谷から東南では強奪系の命令で金を稼ぐ男が女の口に排泄物など汚いものを入れたがる。勝ち抜けると多数の取引先を相手に仕入れ力のある女性指導者化する

福音の仕組み。暴力を受けながら「フェラチオで女から言葉奪ったな」とか「濡れるのは単に怪我しないためだ」とか今までの行動が不能になる事実を言う。相手が元の集団に戻ると一人だけノリが悪い虐められっ子になり同じ考えの人を増やす必要ができる

虐待男性からの許可語がレイプ肯定語だけすぎて喋れなくなった女性(コウノトリ)には「僕の話を聞きたい間はそこにいてください。聞きたくなくなったらいなくなってください」からリハビリするしかない。そうなりやすい女性が集まる街にいたらしい。

僕が情報源にしているのはジェスチャーと顔の表情。これと仏教の仏像が表現する価値観や暦(農業の作業日程)や各種聖典を対比して考え続けると「こう考える以外にこの事象を結論づけられない」所に落ちる。「つじつまのあった推測」を重ね精度をあげる

いじめ・レイプ文化で女性の口から「健全な努力に対する褒め」を奪ったじゃない?今さら努力したところで健全な努力に褒めを言わせるのは無理だよ。女性の苦労に対する労いから入らないと。構造が理解できない男が暴力やらかす時代が続くと思うな

街の景色は意外と今まで通り。ただ男性が女性のどの言葉を聞いても(借金などの)嫌な思い出が帰ってくるとか、男同士で喋っても結果が失敗に終わってばかりとかで精神も肉体もボロボロになってくる。全体的な現象なんだけど個人問題かと思い臨界点へ。

経済面から見た理想の国家とは?と聞かれたら答えは単純明快。食料自給率100%の実現とそこから許される範囲の他産業の発展を推進する国家。ごく一部の人口であるべき指導職の苦労を抜かして美味しいところだけ味わおうとした国に日本はなったと思う

震災からの事件は食べ物の恨みが実現する現象とも言えるんじゃない?努力を馬鹿にするなら汚い食い物を高い値段で買え→食べ物をおいしいと思えず病んで朽ちる身体を体験しろ→お金があっても食べ物が手に入らない現象を体験しろ、と進行しそう

どの女と会話しても否定がないけど、女がデート中に考えていることは男の殺し方だよ。結婚において絶対必要な能力だから否定しようがない。一方で女が殺したくなる女は有能な男を護れない女だよ。だから男と女の数のバランスが取れるんでしょ?

笑顔の意味っていっぱいあるでしょ?楽しい笑い、レイプを耐えた後の命乞いの笑い、自分の立てた計画に相手を乗せた満足の笑い、無様な人間を見下す嘲笑、憎い男が死んで嬉しい笑い。フェラで言葉減らす拷問を普通と言った時代に好意の笑顔はゼロだよ

もし、好かれることが絶対的な善だとしたら、幼女が男のためにおぞましい行為で好かれる行為まで善になってしまう。何が善かは文化によるけど、ルールや努力を実行できない人間に改善を迫る時、嫌われる覚悟は持つ必要がある

世界観が変わるような情報は不要だよ。レイプを耐え凌ぐ女性の言葉を女性が言わなくて済むようになったり、男のどの言葉も失敗につながる時、価値観の変容はあるけど、それに対して行動や情報がかわらないっていうのが一番肉体にダメージがあるんだよ

自殺は出来るうちにやっておいた方が楽な場合もある。いつか自殺できるけど今日はいいやと先延ばしていると、手足から生きる能力が勝手に落ち、車椅子等になり1日あたりの体感時間がどんどん延び、無限の体感時間で激痛を体験する場合がある

他人に食事を奢っている時、冷静に考えてみよう。相手が好きな物はなんだろう?まず、財布の中のお金、料理、内装、接客、経営者、、、おごっている人はなかなか出てこないし別の人でもいい。だから女は嫌いな男の財布をゼロにして男の価値を計りたい

日本は食料自給率30%台で、銀行で足りないお金を刷っている大変な経済状況の国だ。それでも僕の場所で昔と同じ日常が続くのはどこで帳尻合わせをしているんだろう?色々な種類の現場の想像はできるし外れてない気がするね。細かく語る気ないけど

いじめやレイプが深い時代、女性は好きな男性を「あの人と私、関係ない」と鳥の様に横顔で見て一瞬だけ正面から見る。暴力男がすぐ「あいつを見るな。俺を見て笑え」とやるから、顔見せ・笑顔強制がイジメになる。表情は強制すると意味が一回、逆になる


女が性交の時に男からやって欲しいことは「優しく喋って欲しい」だよ。アダルト拷問ビデオの影響で喋れなくなってるから、池袋のアニメイトあたりでその言葉に似た言葉の載ってる書籍を購入して必死にアピールする。個性の認識がない分完璧ではないけど

性交の時を始め女が男に求めるのは優しい言葉なんだけど、内容が時代によって変わる。今さら、仕事をがんばってお金を儲ける意味の成功をしただけではとても足りない。だってそのお金は銀行で刷りまくったから出来たお金で解決と逆向きのお金だから

昔はサイエンスが発達してないけど、発達している今だったら神=宇宙でいいでしょ。神を信じないっていうのは宇宙の存在を信じないって事です。地球という天体は様々な法則を産んでいてサイエンスが発達していない時代にそれを当てた曼荼羅は凄いですよ

鬼門(人食い)センス考察。それを未来に残したいいい考えだとはとても言えないけど、これだけ自殺が普通の時代、死にたくても死に切れない時、目の前に自分を食べに愛する人がやってきたら不幸がやわらぐかも。はじめて人の役に立った実感も凄く湧いて

殴られながら事故にあわない方法など相手を思いやる道理を説き、事実を知ってしまった相手が戻った場所で一人だけノリが悪くて虐められて解決を余儀無くされる福音(エヴァンゲリオン)は日本では誰でもできる江戸弁という文化で落語とか大衆芸能になる

人類の発明を炎とし沈黙して獲物を仕留める西側狩猟文化では殴られながら道理を説く福音や預言は伝説になるけど、人類の発明を言葉とし会話しながらチーム戦でマンモスを倒す日本では江戸弁として落語とか大衆芸能化したり使えて当たり前の時代がある

平和な鎖国時代に発達した江戸弁は浮気とか泥棒とか倫理に反することは全て野暮の一言で片付けてしまう。火事と喧嘩は江戸の華の喧嘩は口げんかで、相手を殴らずに殴られながら言葉で反撃するのは世界の西側では福音とか預言とか伝説だけど日本では文化

価値観は多様だし、それぞれが尊重されるべきだ。空海先生の立体曼荼羅を分析すると色々な価値観が体系的に理解できる。ネットで何か発言する時は相手が目の前にいないから全部の価値観を理解していると最大公約数的にしか発言できなくて苦労するね

宇宙の形は面白い。どこまでも続くとも言えるしその人の認識できるところまでしかないとも言える。その人の認識できるところを宇宙は取り囲むようについてきて部屋に入れば部屋の造形にその人にとっての宇宙は凝縮する。だから掃除って大事なんだよ

自分を恨んでいる人から逃げる事は実はできない。情報には方向別に偏りの法則があり人体にも同じ法則が働く。本棚他、色々な物を人間は勝手に自分を反省させる人の形に並べ替えて、その人の迷惑にならない生き方をやろうとする。金剛曼荼羅はその解説

日本は何か問題が起きていても問題が起きていない素振りを保つことに、努力の大半を費やすよう舵をとってしまった国。子供に知らなくていい事を伝えない思いやりの側面もあるからその方針の人は変更は不可でしょう。異次元の緩和ってどこの世界の人?

考えるのをやめてしまえば行動が動物化するのは仕方ない。奢ってくれたらセックスする以外の方法で食事を摂る事を禁止する言葉削りで口塞ぎの拷問を続ければ、女性の奴隷化は可能。ポルノがお互いの肉体を美味しそうなお肉のように扱うよう発展するね

暴力は種類別に系統があり、浅いと言葉によるいじめ、深いとレイプ、そして実際の肉体破壊に発展する。例えばおかしな命令に屈服させたい男は女性の口を破壊したいから自分の肛門を舐めさせる。暴力の種類に対しジェスチャーや容姿で進行度を空想する

レイプが深い時、女の笑顔は強制で苦痛になるから、「嬉しい」の表現が、無関係を装ってそばにいる、いじめの時の事を思い出しても大丈夫のポーズを取る、涙目、眠くなる、攻撃グッズを攻撃不能の持ち方に変える、などになるけど繰り返すと強制になる

奢ってくれたらセックスするなんていう女性はどうしたら誕生すると思う?例えば父親が俺とセックスしなければ飯抜きだと拷問すれば誕生する。セックスできなくなったら食事を手に入れる言葉が消失するかもね。その時、横には性的不能の大きな肉

男の殺し方を考えるのは結婚に当たって女性の最低スキル。殺し方だけで幸せは作れないでしょ?いい夫の作り方を知らない女性はそれができる女性から見て殺したい女性じゃない?何らかの方法で息子にいい父を提示しなければ息子は夫になれないでしょ

家畜的な言葉を喋らせる社会では、食品の賞味期限が何の意味もなくなる、相手の身体の最も汚い部分を舐めまわす性欲が発展するけど、食糧危機にモラルが崩れると排泄物や人肉を食す性に繋がっていく。誰の為に自分の肉を提供するかは一種の幸福かも

---

男性に聞きたいけど「好き」って言われてからエッチした?好きって言われる前にエッチしたらレイプって言わない?「他の奴にもレイプされたんだろ?俺にも体験させろ」ってやらなかった?フェラチオって拷問のビデオ、女が買うと思う?

フェラチオは「褒める言葉だけ言え。叱り言葉は言うな」って女の言葉に制約をつける精液刺青の拷問だろ。女性は父親やレイプした男に許可された系統の言葉しか言えないから「ステキ」に「お前は敵だ」とか、裏言葉をどんどん考えるだろ

2014年度まで、女が好きな男と付き合わずに嫌いな男と付き合った件、しっかり収集つけろよ。カップルがいたら女が好きな男は、横の男がいじめた男だよ。女が好きな男はセックスより仕事の男で、好きな男に自由に仕事させるための性欲抜きだろ

なぜ女が嫌いな男を金づるにした結婚ができるかと言うと、男が嫌いな会社を金づるにするからだ。その場合、男の性欲等の欲を吸い取り、男を金づるの価値がなくなるまで借金させて、セックスより仕事が好きな男の仕事を手伝う日を夢見るの

人に謝ることが出来ない人間はお辞儀を見ると自分も謝らなければいけない気持ちになって他へ行く。だからお辞儀率の高い場所には犯罪者が寄ってこない。例えばある行政区で一ヶ所にお辞儀できない人を寄せれば勝手に相討ちしてくれる

虐待の内容にもよるけど虐待された人は銃がよけられる。銃を持とう、の気持ちの段階の筋肉の動き等で身体が痛いからだ。情報連結で後ろも判る。ごめんと言える人が言えない人を寄せて相打ちの是無等々呪の世界では悪人どうしでしか悪意は命中しない 

ーーー
僕は喋れなくなった人に一方的に喋りかけて会話できる。テレパシー?違うよ。まずそのお店や空間の価値観を諸仏から把握する。座り位置から更に細かく価値観を把握しジェスチャーの流れや様々な反応から高速に類推して自分の喋る言葉を組み立てる

女性の知能は非常に高い。IQという測り方をすれば僕より遥かに高い女性など幾らでもいるだろう。でも女性の知能はいざという時に自分を籠の鳥にした男を葬る方向に伸びて「不幸を作る力」に特化する。結局幸せを作る方法は男に聞かなきゃ判らないだろ

宜しくない事をやった男を女はいつでも死に持ち込めるだろう。だけど男は勝手な理屈で死に自分への褒めを入れてしまう。で、女は結局、男を不幸にすることができるの?男の脳てのが死ぬ時までご都合主義だって事は憶えた方がいい。愚か故の知能だよ

本当に賢い女は知能の捨て方を知っている。女が女から欲しい男を奪う時や食事を自分の口に入れる時は、相手の髪を掴んで引っ張り回したり、パンチを食らわしたり、嗅覚を頼りにする。必要な知能以外の知能の忘却の仕方が判らない女は賢いとは言えない

人間は多くの過ちを犯すだろう。充分な後悔をしたら、悪いことなどやって無かった様に突き進む事も必要だ。倫理に反する生き方を余儀無くされた人間はその生き方を子孫に継続したとしても、子供の何も知らない時間だけは護るという倫理を作ったりする

守秘事項が多すぎたり喋ることが出来ない生き方が多すぎたら、言葉を消した人生を歩む事もあるだろう。その時は喋れる人間が仕事をしたのと同じ結果を量産するといい様だ。静寂を作らざるを得ない環境では夜でも消えない灯で子供の安全を作ったりする

絶対的に有利なポジションに立った強い相手と対峙して勝つことは不可能だろうか?時間があるなら相手の周りの倒しやすい支持要素から倒していくといいだろう。時間がない時は、相手の喜ぶ事で道を譲り続けて進行方向を操作したらいいだろう。

お前と一緒にいるのは「ごめん」だ。俺の大事な人に何かやったら「すみません」よ。俺の本意など「申せる訳ない」。謝辞に人の下に組み込まれる言葉はない。恭順を意味する言葉は「支持する」でドイツ語に訳したら「ハイル」。牙の抜き方、判った?

公明正大に倫理を追求することがいい土地の人間の口にだって、倫理を追求しては食事が手に入らない土地から届いた食い物は入る。一緒に食事をして相手の生き方を否定できるだろうか?幼女売春で手に入れたとか絶対悪で無ければ「棲み分けようぜ」だろ

児童売春の被害児童の言葉は当然、操作されているから商品になる。もし相談に乗る気があれば回答は自分で考える必要がある。児童の気持ちは「ここに来ないで。このおかしな世界を終わらせて」だよ。足抜け結婚じゃ結婚斡旋所の地位確立だろ。
posted by cnk at 17:08 | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

問題に解決意欲がない人間の自殺八方歩き

1447A184-39D1-453E-AA4D-AFDBF01207A8.jpg
7EBE498B-20E7-4E04-97DB-FDA20762787F.jpg
9CEB60D6-B526-4B90-ACAE-A28A6DE58547.jpg

東北:(池袋から東北で発達)反復高速運動で高給を狙って火事(ケンカ)に遭い借金貰う…集まると原発事故
東:(新宿から東で発達)言葉足らずでパンチ食らう…殴打がうやむやになる、残業代ゼロなど
東南:(渋谷から東南で発達)見下していた人の誠実な生き方に自信喪失して水に流れたくなる
南:(三鷹から南で発達)泥棒に入られ北を護る。金や権力の魔力にとりつかれ中絶好きになり心中が多い
西南:(国分寺から西南で発達)犯罪者の群れに到着する。低い衛生観念で汚い空気を受け止める
西 :(萩山から西で発達)閉じ込められてひとりぼっち。いじめ仲間はやっぱり友達で無かったと気づく
西北:(所沢から西北で発達)自分の身体を社会、自然環境、人間の未来に提供する
北:(新座から北で発達)何かの命令や発言を聞いて心臓麻痺や性的不能になる

いじめはうまくいくようでうまくいきません。いじめが完了してそこを出ると残った空間が徐々にいじめられた人のものになり、立ち去った人が八方に自殺歩きを開始・加速させて行きます。(特にお辞儀や親切を見ると加速)。いじめられた男女、動物が全員で、いじめた人に様々な動きを身につけさせていきます。いじめられた人でも個人を憎むと相手の結果を知りたくなりますから(誰かを助けたり恩返しの精神を忘れて)リスクのある場所に近づいて最悪、目の前で死体を見学することになります。

自殺歩きする方とさせる方の境界線は「子供のための活動圏を広げられるか?=知能を持っているか」です。判定基準の一例は「自分に出来ない事をやった子供を褒められるか」です。犬でもできますね。人間なら「お前、俺にわからないことがわかるなんて凄いな。肩書きは手に入らないかもしれないけどなんかの学者になれんじゃないか?」とか言えるかです。これができないと逆上して数秒後に子供に暴力を振るう精神の大人ができます。大卒より賢い知的障害者というのも存在します。

知的障害者を観察していると虐待している人と虐待されている人の間に音を立てながら割って入る事に凄く意欲があったり、身体に病原菌が入った場合や手に汚いものがついたとき、それをなすりつける方向を狙ったり、虐待する人にその人が優しくなるための課題となる事件を起こしたり、動物的な方法で未来を作る事に迷いがない人が多い事が判ります。虫や鳥も群単位で知能があり(生物学用語で真社会性)、西南の益虫にびっくりした人間を東北の害虫が崩した壁に誘ったり、鳥も(線路などの)南で種入りの糞を落として畑を作り、その活動を不快に思う人間を北に運び追撃して、人間の自殺行為の速度アップを行います。人間の女も南で立派な仕事で男の自身喪失を狙い、北で男の愚かを肯定し自殺を加速します(農家は南が畑、北が墓場属性)

「関係ない」の見て見ぬフリや、「善処します」「申し訳ありません」「上申します(じょうしん=上の人間にかけあう)」の様に相手に誠意を約束する言葉を言ったのにやらない場合も自殺歩きが加速します。

標準語の原型が明治時代に人殺しが不得手の日本人でも殺人ができるように作られた経緯があり、出来るだけ少ない言葉で社会をわたろうとし、標準語だけに出てくる言葉を多用すると部下の命を思いやらない下級兵の思考が身に付き暴力属性が増していきます。(和平交渉に参加できるような上級兵は「ごめん」が言えるほか様々な礼儀作法の達人ですが)

境界線が「子供の活動圏を広げられるか?」なので虐待されてたつもりがしてた、途中から虐待する側にまわってた、も、あります。

親切=親を切る=縁組み+縁切り=親や組織に依存せず「親だから」「肩書きがあるから」の無茶な命令に従わない生き方を作ります。親切に親切を返し恩返しをしたら縁組み、親切を受け取るだけだったら縁切り。縁切りで相手の自殺を加速できます。

お辞儀は昭和天皇も得意としていましたが、お辞儀を見るといじめをやる人間は自殺を加速させます。これは他人に謝ったことがない人は、謝った子供を許さなかったら(場合によっては子供が怪我したり死んで)子供に恨まれた、(虐待をする男性が喋りたい女性を股間にかしづかせてたら相手に我慢の限界がきた時に苦痛を顔に浮かべてしまったなど)自分が相手に快楽を与えていたと思っていたら逆で自信喪失をした、などの経験が徐々に積み重なって行くからです。「他人に謝れない人間は(仕事上の事故等の事例で)死ぬべき」というスイッチが脳内で作動していきます。

あまりに苦しい時や悔しい時のお辞儀は死体が起き上がった時の様な映像を相手に見せ、悪夢や幻覚(統合失調症の発症)に繋がっていきます。「うらめしや」で有名な手を前に出す幽霊のポーズは、男性の体液を顔にかけられ、まぶたの腫れ上がった女性が、手をついて謝って起き上がった場面の映像で、そのまま近づいてくると足がない様に見えます。

他人に謝れず方針の変更が不得意だった為に自殺に近づいている人間はお辞儀を見ると、その場で死にたい場合は立ちすくみ、遠くで死にたい場合は上記の八方向に瞬間的に目をそむけ,その歩みを加速させていきます。

更に詳しい説明を後述しますが、聞き耳を立ててひとり言を聞いたり、微細な情報を知りたくなると、東北方向に仕事(自殺行為を行う場所)が発生します。「努力をしない理由として、『他人のせい』を使う」「ネットで多様なチャンネルから自分が努力しなくていい情報を集める」の様な習慣があると「原発事故のしらせを聞いたときに職員の9割が現場を見捨てて避難する発電所」ができたり、うっかり「放射能の境界線」の情報を聞いてその現場の仕事に近づいていきます。

自殺歩きの末路はどうなるでしょう?般若心経は虐待にあった人や動物が喋らずに何を考えたり、無意識を含め何を実行しているかを解説したお経ですが、是無等々呪がその世界観を表現しています。自殺歩きをすると似た悪意のある人間どうしが同じ場所に固まっていき、それまでは悪人が善人をいじめていたのに、ある時、善人が耐えきれなくなって人前に姿を現さなくなるなどのきっかけで、悪人が自分と似た悪意と向き合うことになって相殺が起きていきます。

思いつきにくい事例では、今、カウントできるだけで年間1万人、ぼけ老人が行方不明になっていますが、それを収容する施設などある訳もなく、迷子になった老人はおなかがすくと「ここは自分の家だ」の気持ちで泥棒に入り、食事が出てこないと最悪、殺害に及ぶ事例が出てくると思われます。

般若心経はあくまで「恨みを持っているけど耐えている人の行動とその結果」の解説です。「恨みが深い」「個人を憎まず、行為を憎んでいる人」程そのつかいこなし度が高く、般若心経を所有しているかは関係ありません。実績を奪われて無名になった人、恨みを隠して人前に出ている人などは使いこなし度が高く、そういう人に出会うと堕落者は、その人に出会った後に自殺行為が加速し不幸を体験します。不遇な人が他人を叱れるようになると、よりその境地が完成していきます。

般若心経では努力しない人がどうなっていくかが如実に表現されています。ソファに威張って座るとぬるいお風呂が好きになりお風呂から立ち上がれなくなる、薦められた水を断ると火事場で水を受け取らない行動をするなど、おもてなしには歴史上の虐待を受けた人々が権力者を事故にあわせる形で発達してきた経緯がありますが、これは般若心経の是無上呪の部分にあたります。詳しい解説は以下の記事をご参照ください。
http://cnk.seesaa.net/article/398232520.html


「関係ない」の見て見ぬフリや「善処します」の様に相手に誠意を約束する言葉を言ったのにやらない場合は自殺歩きが加速します。困った人を見て「関係ない」と心のうちで思うと自殺行為を重ねる「犠牲者」、自分もなにかやらなきゃ、と思うと「努力者」の属性がつきます。

例えば、僕が父親に首を絞められても警察が対応してくれなかった事例を知って「関係ない」と思うと、老人に暴力を振るわれる属性が身に付いたり、警察の前で犠牲になれば犯人が逮捕できる警察に警察を成長させられる、という性質が身に付きます。一例としては、「関係ない」で普段を過ごしていると衝動的に自分でも訳がわからず無意識に万引きをやってしまい、警察に突き出されるとかです。(警察に与える影響は間接的なものかもしれませが)。

東日本大震災の時、僕は西東京市で被災して罹災証明書を貰いましたが、そのような事例はマニュアルに載っていないから対応できない(実際には載っていました)と言われ、東北の人なら貰える優しい言葉ひとつ貰えずたらいまわしにあい、目や筋肉の障害が悪化しましたが、それに「関係ない」と思うと、個性の尊重されない職場に足がむいたり、仕事で身体に問題が生じても対応してもらえない事例が近づいてきます。僕につらくあたった人のその後の末路から、色々心配になりますのでご注意いただければ幸いです(「助けてほしい」と言うと、その後、こてんぱんだったので助けを求める言葉もいいにくくなりました)

ED4E5948-2331-4D5F-AD39-8CA8E2A4E0DA.jpg

自殺歩きの法則を解読するきっかけになった空海の立体曼荼羅

曼荼羅とは空間に対して、どう情報の性格が偏るか?の法則を表したもので曼荼羅が存在しない場所はありません。情報の偏りの法則は縦3x横3の9ブロックに分割すると、左上:あなたのために私はこうなりたい、左:私があなたに判らせたい理屈と方法、左下:私がわからずやを蹴散らす方法、右上:あなたになって欲しいものとそれを見極める手段、右:あなたに判定を下すためのあまやかし、右下:あなたにかしづいて欲しいもの、中央上:解決のための方策、中央下:未来に残したい遺伝的な情報、中央:コンセプト、となり、その空間の人格(思っていること)が表現されます。

本棚などの文字が書いてあるものが読みやすいですが縦3x横3の9ブロックに分割すると中央上にその空間の人格の頭、左列中段に右手、左列下段に右足の「キャラ(性格)」が登場します。これが傾向を伴って拡大・縮小していきます。

曼荼羅は店舗であればその店舗の「女性マスター」ないし「女性の心を理解する男性マスター」、自宅であれば赤字状態の場合(反省が必要な場合)「自分を反省させる人」黒字状態の場合は「過去に自分を支援してくれた人」の人格が出現します。昔、辞めた会社の社長がおっかけてくるような現象がおきますが、様々な指導者のスキルや教育者のスキルを集めた人がいると、その人の人格の一部が反省のためにどこまでもおっかけてくるような現象がおきます。

各仏像は「価値観」を擬人化したキャラクターです。自分のいる場所を中心に曼荼羅で空間を分析できますが、自分の心に偏りがあると偏った性質の空間で過ごすことになります。(例えば渋谷から東南なら立体曼荼羅通りの情報の分布傾向になるものの全体に持国天で表現される投票数や動員数最優先の価値観の影響が強くなります)

〈解説準備中〉

菩薩は人間の身体で言えば左手や左足ですが、一言で言えば「判定者」です。大人を子供扱いした甘いおもてなしを出し、その後の相手の行動に習慣をつけ相手の運命を分岐して行きますが、相手が立ち去った後の事を知りたがらないのが,相手にいい人だと思われ続けるゆえんです。相手が自分から離れたがらない場合は「離れたくなる(時として少し気持ち悪い)叱り」を使ったりします。基本的に受け身なので「護り属性」になります。

明王は人間の身体で言えば右手や右足で、一言で言うと「説得者」です。自分が理解してほしい理屈を理解してもらうために攻撃的に攻めの道具や手段を次々持ちます。

如来は人間の身体で言うと「頭脳→心の臓→生殖器」で「知恵者」。様々な問題に対して解決策を生み出していきます。女性が精子のみを欲して男性の股間に顔をちかづけてしまうような「種馬タイプの男」は生殖器の中の種に解決策が集中し才能のある息子が育つ生活習慣を重ねます。

人間の脳は誰でもほぼ同じ形をしていて意識と無意識をくっつけると4種類しかなく、男なら「手で汚いものを触る軍人属性の3才人格」と「足で汚いものを触る農夫属性の5才人格」、女なら「嘘をついたり洗脳を自分にかけて息子の生存圏を増やせる7才人格」と「7才人格になれず供物にされる人格」で、意識の部分になにが分布しているかで体格や顔や性格が生まれていくと思われます。蜂の巣は巣一個でひとつの知能を持っていますが、人間もお互いの相互関係の中でダンスのように配列を作り組織・団体→村→国→地球。男の軍人属性の3才人格と女の供物人格は死に近づいていくともう片方の人格を手に入れると思われます。

※お寺では多聞天を北に配置しますが、多聞天の実際の方位は東北です。これはお寺の進行方向が西北←→東南になっているためで、お寺が「善行のために自分の身を捧げる」場所だからです。曼荼羅は回転しますが高速大量輸送の部分が東西になり、例えば街に鉄道が走っていた場合、その鉄道が地図上で南北に走っていたとしても曼荼羅上では鉄道の進行方向が東西になります。本は必ず左右に読み進めるので図として載った瞬間に上が北、左が西、右が東、下が南になります。本と向き合うことになる人間の身体は左半身が東で菩薩属性、右半身が西で明王属性になります。

死後の世界といじめの対策の関係

仏教的には村の境界線に地蔵を建て、地蔵の外の世界を「極端に生存率の下がる場所」として死後の世界と考えます。虐待への対抗策は「自分の視界の外」や「自分の知りうる世界の外」に相手を放りだしたら相手を死んだとみなす、のがいいでしょう。死んだ後の人間は情報や貿易品と言った肉体を持たない形で、身近にやってきます。

テレビをはじめとするニュースの世界は、政治や音楽・芸能と言った「まつりごと」属性であればとにかく投票数をあつめる持国天の国(東南の方角)、ネットに顕著な多チャンネルの微細な情報であれば多聞天(東北の方角)からやってきた貿易品と考えることができ、「天」のつく場所からやってきた情報はその世界を必要以上にもっと知りたいと思うと、その世界の実態を知るはめになる災厄に近づいていきます。ネットの普及と同時に池袋から東北方角(多聞天方角)にどんどんリスクが溜まっていき寄せ集まりが結実して震災や原発事故につながったと思われます。ニュースは今日の仕事の方針を決めるための「天気予報」と考えるといいでしょう。

自分の活動圏(村)を小さくすると勝率が上がっていきます。極端に小さくすると自宅の個室になりますが、努力者が家の外での成果を家に持ち込んで家の外に向かって仕事ができるようになると強い布陣になります。通勤などで村を大きくすると、つい、嘘がばれない気がして風俗をはじめとする浮気に走りやすい、など、勝率が下がっていきます。その場合は家族が隠し事を知るために風俗嬢になるような生活習慣をついやってしまいます。通勤の場合は勤務地と地元のそれぞれで活動ポイントを絞ると勝率があがるでしょう。

お手軽に活動圏を作る方法は機能的な配置を作る掃除(トラブル解決も含む)で、自分が掃除できたところはルールの崩れた時代でも自分が作ったルールが有効でルール作りの習慣ができる他、ホコリなどのリスクを悪人の方に流すことができます。ただし、生き物の活動圏を奪う掃除をすると逆襲を受けるので、生き物との共存を考える必要があります。
posted by cnk at 06:49 | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。